MENU

声優になれるかどうかは専門学校選びできまる!

このページをご覧のあなたは、東京の声優専門学校はどこが良いのか、迷っているところだと思います。

 

わたしも大学在学中に、ダブルスクールで声優専門学校に通うと決めた時、東京のどの声優専門学校を選べばいいのか分からず迷いに迷いました。

 

わたしは東京の声優専門学校を卒業して、今は都内の声優事務所で声優としてお仕事をさせてもらっています。

 

まだまだ若手の駆け出しですが、声優として生活していけていることに幸せを感じています。

 

そんなわたしの声優専門学校時代の経験が役に立てばと思い、東京でおすすめの声優専門学校をご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

 

東京でおすすめ声優専門学校

わたしは生まれも育ちも東京で、声優として仕事をしているのも東京なので、友達は当たり前に東京出身の声優さんが多くなります。

 

わたしと同じ声優専門学校を卒業した友達もたくさんいるし、仕事で知り合った声優さんは東京の色々な声優専門学校の出身です。

 

友達と声優専門学校時代の話をしていて色々な話を耳にしますが、東京で1番評価の高い声優専門学校と言うと、おそらくみんながアミューズメントメディア学院と答えます。

 

何を隠そうわたしもアミューズメントメディア学院の卒業生なのですが、東京でどの声優専門学校に通うか迷っているなら、わたしはアミューズメントメディア学院を検討すべきだと思います。

 

東京の声優専門学校でアミューズメントメディア学院が最も評価が高く、わたし自身もおすすめする理由には以下の2つがあります。

 

≫アミューズメントメディア学院公式サイトはこちら

 

 

 

優秀な声優専門学校はデビュー率で決まる

学生の女の子

声優専門学校を選ぶ上で1番チェックしなければならないのは、どのくらいの確率で生徒をプロの声優としてデビューさせているかです。

 

声優は専門学校に通えば誰にでもなれるわけではなく、専門学校によっては卒業生の多くがプロになれないという専門学校もあります。

 

専門学校の卒業生全員が声優デビューできるなんて、ありえない話なのです。

 

声優は俳優さんやタレントさんと同じく飽和している職業ですから、声優の専門学校で学んだからといって声優になれるわけではありません。

 

だけど、声優専門学校に高いお金を払って通うからには、誰しもが声優になりたいと思うことだと思います。

 

そうなると東京でどの声優専門学校に通うのかを決める上で大切なのは、卒業生の何%が声優事務所への所属を勝ち取り、プロの声優としてデビューしているのかです。

 

どんなに素晴らしい講師がいたって、最先端の設備が導入されていたって、結果としてプロの声優になれないのであれば意味はありません。

 

声優の就職率において、東京の声優専門学校でおそらく1番の結果を残しているのが、わたしのおすすめするアミューズメントメディア学院です。

 

ホームページでは卒業生の進路が公表されていますが、2018年度の卒業生の73.8%が声優事務所の所属となっています。

 

さらに、18.5%の生徒さんは声優事務所付属の養成所に特待生として合格しています。

 

声優事務所付属の養成所に特待生として入ると、声優事務所にもよりますが、およそ半数は声優としてデビューさせてもらえるのではないでしょうか。

 

正所属と特待生を合わせると実に9割以上になるわけで、これは東京の声優専門学校の中でも圧倒的な数字だと言えます。

 

およそ10%の生徒は声優になれないのかと不安に思う方もいらっしゃるでしょうが、俳優養成所から全員が俳優デビューできないのと同じで、声優もやはり非常に厳しい世界です。

 

その中で73.8%という成績を残しているのは、個人的には素晴らしい声優専門学校だと感じています。

 

あなたが東京の声優専門学校を出たら絶対に声優になりたいと考えているなら、確率的に考えてアミューズメントメディア学院は最良の選択と言えます。

 

 

 

即戦力が育つ声優専門学校

女の子

東京の声優専門学校でアミューズメントメディア学院をおすすめするもう一つの理由は、卒業生であるわたしが言うのも恐縮ですが、現場で即戦力として通用する卒業生が多いからです。

 

わたしが所属する東京の声優事務所にも毎年のようにアミューズメントメディア学院の卒業生は入ってきますが、今の卒業生もやはり声優の現場に慣れている子が多いです。

 

アミューズメントメディア学院の方針は産学共同と言って、学生のうちから声優の仕事を与えるやり方です。

 

1年生のうちには腹式呼吸や滑舌など基礎を徹底的に学んで、2年生からはアミューズメントメディア学院のグループ会社の仕事をさせてもらえるようになります。

 

学生のうちから声優の現場を経験しているので、声優事務所に所属してプロの声優となってからも安定して仕事がこなせます。

 

声優として長くやっていくことはとても難しいことですが、生き残るには声優デビューの1年目が肝心です。

 

声優のギャラは、若手のうちは芸歴によって自動的に決められます。

 

声優デビュー1年目はギャラが最安値なので、安く使える声優というだけで仕事がきます。

 

しかし2年目や3年目になると、声優のギャラは年数によって決まるために自動的に上がります。

 

声優デビュー1年目や2年目の仕事で、アニメ制作会社の方に干されるような仕事をしていると、3年目にはもう声優の仕事はありません。

 

声優はプロになってからも毎日がレッスンですし、毎回のお仕事で成長していく自分が楽しくもあります。

 

だけど、まだ自分は新人だから仕方ないなんて思っていたら、声優として生き残って行くことはできません。

 

声優専門学校時代に学生生活を謳歌するだけで、声優の技術を磨くことや勉強をおろそかにしていると、声優としてデビューしてからが続かないのです。

 

できることなら声優専門学校にいる頃から、現場の経験も積んでいつでも仕事ができる状態で声優デビューするのが理想です。

 

アミューズメントメディア学院では、学生のうちからリアルな仕事をさせてもらてるので、デビュー1年目の仕事で大きな失敗をすることが限りなく少ないと言えます。

 

以上の2つが、東京の声優専門学校でアミューズメントメディア学院をおすすめする理由です。

 

≫アミューズメントメディア学院公式サイトはこちら

 

 

 

その他東京の声優専門学校一覧

東京アニメ声優専門学校

講師には有名な声優や実績の多い声優が多数いて、授業内容も評判が良い声優専門学校です。
しかし卒業生の就職実績が良くないという声が多く、声優事務所に直接所属となる人は少数と言われています。
また、学費は他の声優専門学校に比べてやや高い印象で、その割には生徒数と設備のバランスがあっていないと言われています。
東京アニメ声優専門学校に好きな講師がいるとかであれば選ぶのもありですが、それ以外には特にメリットがないようにも思います。

 

 

 

ESPアニメーション声優専門学校

1クラス10人〜15人の少人数制クラスが特徴の声優専門学校です。
1クラスの人数が少ないので、先生がしっかりと見てくれるという評価をよく耳にします。
就職のサポートも充実はしているのですが、声優事務所への所属数はアミューズメントメディア学院には及ばない感じです。

 

 

 

東京声優アカデミー

発声や滑舌など基礎はしっかりと教え込んでくれますが、東京の専門学校にしては設備や環境が乏しい声優専門学校です。
機材が少ないので、アフレコのような実践的な授業にはやや影響がでていると感じます。
設備は少ないけれど学費が安いわけでもないので、その点は大きなデメリットと言えます。

 

 

 

東京アナウンス学院

選択授業が豊富で、興味があれば声優以外にも色々な分野の勉強ができます。
しかし、声優事務所への所属率は高いとは言えないようで、卒業生のほとんどは養成所で勉強をやり直すか、半数は一般の企業へ就職するようです。
声優学科の評判は良いとも悪いとも言えないところですが、ダンス関連の学科は業界からの評価が高いようです。

 

 

 

日本工学院専門学校

最近蒲田に新校舎が設立されましたが、学校の規模は声優科がある専門学校の中では最大級となっています。
キャンパスにはホールやスタジオが併設され、まだ施設が新しいので綺麗です。IT、医療系、デザイン系など、多数ある学科の中に声優科もあります。
声優やアニメーションの専門校ではないので、その点では選ぶ理由とはなりません。
東京とは言え蒲田にあるので、それほど立地的にも良い場所とは言えないでしょう。

 

 

 

東京ダンス&アクターズ専門学校

声優の学科もありますが、本来は名前の通りダンサーや俳優を育てる専門学校です。
わたしの経験では東京ダンス&アクターズ専門学校出身の声優にあったことがないので、声優の育成にどれだけの実績があるのか気になるところです。

 

 

 

東京アニメーションカレッジ専門学校

講師によって、評判の良い授業と悪い授業にムラがあるようです。
良い先生は進路の相談などにものってくれてフレンドリーですが、評判の悪い先生の口コミも聞きました。
また、実際の卒業生からは学費が高いという話をよく聞きます。
東京アニメーションカレッジ専門学校を候補に入れているなら、資料を取り寄せて在学中にかかる費用も含めて確認しておきましょう。

 

 

 

尚美ミュージックカレッジ専門学校

名前の通り音楽業界では有名な専門学校なのですが、良い声優を輩出しているというイメージはそれほどなく、声優仲間にも尚美ミュージックカレッジ専門学校の卒業生は見当たりません。
アニメや外画のアフレコよりも、アニソンのボーカリストを目指すのであれば選択肢に入れても良い専門学校です。
ただし、アニソンボーカリストとして仕事を続けるのは声優よりも難しいので覚悟が必要です。

 

 

 

東京アニメーター学院専門学校

講師や授業内容に定評がある声優専門学校です。
腹式呼吸や滑舌などの基礎に始まり、マイクの使い方やスタジオでの動き方など、声優に必要なものを徹底的に教え込んでいる専門学校です。
しかし声優事務所への所属率では、アミューズメントメディア学院には及ばないようです。
プロの声優デビューへの後押しがもう一つ欲しい専門学校です。

 

 

 

東京ビジュアルアーツ

東京校も大阪校も、在校生からの口コミが良い声優専門学校です。
授業内容や学校設備への満足度は高いようです。
しかし卒業生の多くは声優事務所付属の養成所へと進むようで、結果としてはそれほど良い実績とも言えません。

 

 

 

デジタルアーツ東京

ビジュアルアーツと名前は似ていますが別の声優専門学校です。
卒業前には学内に声優事務所や芸能プロダクションを招いてオーデイションを開催しますが、多くの生徒は所属ではなく養成所に合格している印象です。
在学中でも才能のある子は仕事を振ってもらうことができるようですが、そのような一握りの子だけが卒業後にプロダクション所属を勝ち取っているようです。

 

 

 

東京ネットウェイブ

東京にはたくさんの声優専門学校がありますが、その中でも優しい雰囲気の専門学校です。
先生方も優しく接しやすいと聞きますが、それ故に自分からアグレッシブに学ばないと、しっかりとした声優の技術を身に付けることができずに卒業を迎えてしまいます。
就職や事務所オーディションに関しても、やはり自分から行かないと取り残されてしまう環境です。

 

 

 

まとめ

以上、東京にはかなりの数の声優専門学校がありますが、ある程度候補を絞り込んだら、必ず資料を請求して目を通しておきましょう。

 

ホームページを見るだけでは分からない情報もたくさん載っているし、声優専門学校に関する新たな発見もあるはずです。

 

とりあえずは気になる声優専門学校を三つに絞って資料請求を、個人的にはアミューズメントメディア学院は資料だけでなく見学にも行ってみてほしいと思います。

 

≫アミューズメントメディア学院公式サイトはこちら